「経営力向上計画」認定支援サービス


◇「経営力向上計画」とは?

「経営力向上計画」とは、平成28年7月に施行された「中小企業等経営強化法」に基づく支援において策定する経営計画で、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資等により、事業者の生産性を向上させるための計画です。

 

◇「経営力向上計画」の制度利用のポイントは?

【ポイント1】申請書類は実質2枚

①企業の概要、②現状認識、③経営力向上の目標及び経営力向上による経営の向上の程度を示す指標、④経営力向上の内容など簡単な計画等を策定することにより、認定を受けることができます。

 

【ポイント2】計画策定をサポート

認定経営革新等支援機関(商工会議所・商工会・中央会や士業、地域金融機関等)に計画策定の支援を受けることができます。また、ローカルベンチマークなどの経営診断ツールにより、計画策定ができるようにしています。

 

【ポイント3】認定計画に基づき取得した一定の機械及び装置の固定資産税が半分に

計画認定を受けた場合、資本金1億円以下の会社、 個人事業主などは、①160万円以上の機械及び装置であって、②生産性が年平均1%以上向上等の要件を満たせば、固定資産税の課税標準が3年間半額になります。

 

【ポイント4】その他の金融支援もご用意

計画認定を受けた場合、政策金融機関の低利融資、民間金融機関の融資に対する信用保証、債務保証等の資金調達に関する支援を受けることができます。

 

◇「経営力向上計画」認定支援サービス

(1)「経営力向上計画」認定支援サービスの進め方

 

①まずは、初回面談を行い、お客様が支援を希望する内容や経営課題等を確認します。

   ▼

②次に、当方が提供できるサービス内容及び提供期間をお伝えし、料金等にご納得頂き、守秘義務契約及びコンサルティング契約を締結します。

   ▼

③その後、お客様から詳しいヒアリング及び直近の決算書などの必要資料を受領し、申請書の作成を進めえます。

   ▼

④最終的に、経営力向上計画の認定が完了した段階で、支援が終了し、報酬のご請求をさせて頂きます。

 ※継続的な支援を希望の場合は、別途経営顧問契約が必要になります。

 

(2)「経営力向上計画」認定支援サービスの料金について

 

20万円(消費税別途)

※但し、「ものづくり補助金」申請支援サービスと同時にご依頼いただく際は、10万円(消費税別途)に減額となります。